美容院 毛染め アレルギー

アレルギーの症状などの体験談4【美容院3】

性別 女性
毛染めのアレルギーを発症した年齢 29歳
原因となったもの 美容院でのヘアカラー
元々アレルギー体質かどうか 不明。アレルギーがあるかもしれない

発症したアレルギー症状について

毛染めの使用暦は1回や2回、自分で染めたことがある程度で、うまく染まらなかったためやめてから全く染めていませんでした。

 

髪の毛が多いので、染めたほうが明るく、軽く見えていいよ、と友人に勧められ、美容院で染めてもらうことにしました。

 

しかし、そのころ体調があまりよくなく、美容院で染めてもらおうと思ったのは気晴らしの意味もあったのです。

 

髪をカットしてもらい、そのあと染める作業に入ったとき、頭にしびれに似た衝撃が走りました。以前パーマをかけたときも、ぴりぴりしたのですが平気でした。それだろうと思ってしばらく我慢していたのですが、あまりに刺激が強すぎて途中でやめてもらいました。

 

頭を洗い、しばらく奥で寝かせてもらいました。歩けるようになったので、髪染めはやめ、帰宅しました。

 

ぶつぶつが出るわけでもなく、髪染めをしなければ特に不都合がなかったため、病院には行きませんでした。

 

以前運動をしてからだがあったまると体に蚯蚓腫れが出る症状になったことがあります。それはそのときだけだったのですが、髪染めのときの症状といい、体調によってアレルギー反応が出たり出なかったりするのかもしれません。

今現在ヘアカラーは使用しているか?

現在は使っていません。

 

 

体調が悪い時、体力がない時だけ症状が出ることも

体調が悪いとき、疲れが重なっているなどで体力がない時だけ、湿疹やかぶれなどの症状が出る事もあります。

 

身体の抵抗力が弱まっているからだと考えられます。

白髪がなければ、染めないのが一番

 

上記の方はたまたま体調の悪い時に使用して、アレルギー反応が出た場合は少し様子を見てみるのも良いかと思います。(一番のおすすめは皮膚科へ行くことです。)

 

再度使ってみて、やはり強い刺激を感じたり赤みや湿疹が出たらすぐに使用をやめる必要があります。使い続ける事で呼吸困難、血液障害などの重篤な病気を引き起こす恐れもあります。

 

 

白髪を染めたいのであれば・・・

 

化学染料を含まない「低刺激」「無添加」のヘアカラー、白髪染めもありますので、どうしても染める必要があればそういったものを使用されていくと良いですね。

 
自宅で使える!

 

ヘアカラー、毛染めのアレルギーの症状、体験談【美容院】3

 

家でも使える 『ジアミンを含まない』白髪染め、ヘアカラーの詳細はこちらから

 

↓ ↓ ↓

 

解説、簡単比較表付き!

ヘアカラー、毛染めのアレルギーの症状、体験談【美容院】3