ヘアカラー 毛染め アレルギー 美容院

アレルギーの症状などの体験談2【美容院1】

性別 女性
毛染めのアレルギーを発症した年齢 35歳
原因となったもの 美容院でのおしゃれ染め、白髪染め
元々アレルギー体質かどうか アレルギーなし

発症した毛染めのアレルギー症状について

白髪が目立ってきてとても気になったので、初めて美容院で「白髪染め」をする事に。

 

それまで、おしゃれ染めはした事が何度もあり、それで何か皮膚のトラブルがあった事もなかったので美容師さんにお任せして、白髪染めをしました。

 

染めた数回は何ともなかったのですが、4回くらい白髪染めをした時でしょうか。

 

帰宅後、頭痛がして体調が悪くなってきました。その時は、長時間椅子に座っていたので疲れたのかな?肩こりかな?と思っていましたが、翌日、頭皮がチリチリするので、指で触ってみると、数カ所大きな吹き出物が出来ていました。

 

結局、頭痛も数日続き、吹き出物が完全に治るまでは5日くらいかかったと思います。今思えば、あの頭痛も白髪染めをしたからかも?と思っています。

 

幸い吹き出物も数カ所で、頭痛も数日でおさまったので病院で診察は受けませんでしたが、おそらく白髪染めの成分だったのではと思っています。

 

頭痛もずっと頭の片方がジンジン痛い感じで、イライラして辛かったです。

今現在ヘアカラー、白髪染めは使用しているか?

結局別の美容院に行ってみることにして、そこの美容師さんに相談すると「ジアミンという成分に反応している可能性もあるし、そうでない場合の可能性もある」と言われました。

 

ノンジアミンの白髪染めとヘナ(若干ジアミンが入っている)をすすめられ、原因の物質がジアミンとは断定出来なかったので、その時はヘナを試してみた所、前回感じたような頭痛や吹き出物はいっさい無かったです。

 

次回も、ヘナをしてみようと思っています。

「ジアミン」が原因のアレルギーの場合

上記の方は、現在ジアミン入りのヘナを使用しているようですが、ジアミンが原因のアレルギー症状が出た場合にはおすすめできません。(皮膚科でジアミンアレルギーか否かチェックしてもらえます。)

 

白髪染め、ヘアカラーなどの毛染めによるかぶれの原因の多くはパラフェニレンジアミン(PPDA)やパラトルエンジアミン(PTDA)などのジアミン系薬剤がアレルギー反応を起こす事によります。白髪染めのアレルギーは、一度出たら一生変わることはなく、かぶれが出た後に使い続けると、症状が悪化し最悪のケースで命にかかわる事もあります。皮膚科のパッチテストなどでかぶれの原因が白髪染めの染料だと判明した場合は、使用をやめる必要があります。

今後の毛染めについて

 

皮膚科の検査などでアレルギーの原因が「ジアミン」だと判明した場合、ジアミンを含まない白髪染めを使う必要があります。美容院で染める場合は、必ずジアミンアレルギーだと伝えましょう。

 

ヘナを使う場合は・・・

 

ヘナを選ばれ際は、ジアミン入かどうか入念なチェックをしてから選ばれる事をおすすめします。
(早く染まる、ブラック、ブラウンといったヘナはほぼジアミンが含まれています。) 参照サイト:ヘナによる白髪染め(ブラックヘナ、ブラウンヘナは安全?)

 
自宅で使える!

 

ヘアカラー、毛染めのアレルギーの症状、体験談【美容院】1

 

家でも使える 『ジアミンを含まない』白髪染め、ヘアカラーの詳細はこちらから

 

↓ ↓ ↓

 

解説、簡単比較表付き!

ヘアカラー、毛染めのアレルギーの症状、体験談【美容院】1